交通事故法律相談クリニック ホーム > 後遺障害別の損害賠償算定ポイント > 後遺障害慰謝料の基準

後遺障害慰謝料の基準

後遺障害慰謝料は、後遺障害が残存したことで受けた精神的苦痛に対する損害です。認定された後遺障害等級に応じて金銭的に定められることになります。 後遺障害慰謝料を決めるモノサシとして、自賠責保険基準・任意保険基準・裁判所基準の3つがあります。
後遺障害慰謝料は、後遺障害が残存したことで受けた精神的苦痛に対する損害です。認定された後遺障害等級に応じて金銭的に定められることになります。
後遺障害慰謝料を決めるモノサシとして、自賠責保険基準・任意保険基準・裁判所基準の3つがあります。
 それぞれの基準に基づく後遺障害に対する慰謝料は、以下の表のように大幅に違うことはご存じでしょうか?
 なお、任意保険基準は各保険会社がそれぞれ独自の基準を設けていますが、最も低い自賠責保険基準と大差はありません。  
 保険会社は被害者の無知を利用して損害賠償の算定額を抑えようとする傾向があり、裁判所基準の慰謝料額には遠く及ばない示談提示が大半であるため注意が必要です。

【後遺障害慰謝料の基準】

等級 自賠責保険基準 弁護士基準
1級 11,000,000 28,000,000
2級 9,580,000 23,700,000
3級 8,290,000 19,900,000
4級 7,120,000 16,700,000
5級 5,990,000 14,000,000
6級 4,980,000 11,800,000
7級 4,090,000 10,000,000
8級 3,240,000 8,300,000
9級 2,450,000 6,900,000
10級 1,870,000 5,500,000
11級 1,350,000 4,200,000
12級 930,000 2,900,000
13級 570,000 1,800,000
14級 320,000 1,100,000
※上記基準はあくまで一般論であり、個別の交通事故事件の具体的事情によって変動する可能性があります。
詳しくは、被害者の実状を弁護士に直接伝えた上で、適切なアドバイスをもらうべきでしょう。

お気軽にご相談下さい。弁護士が解決します

お気軽にご相談下さい。

※スケジュールの関係上、お電話でのご相談は実施しておりません。
 ご予約のみとさせて頂いております。